ポケ森 ガーデンエリアの行き方とは?(新機能情報)

ポケ森 ガーデンエリアの行き方とは?(新機能情報)

皆様、ポケ森を楽しんでやっているでしょうか?

今回、2017年12月18日に新しくアップデートされたガーデンエリアのガーデニングについての基本攻略やチュートリアルについて紹介していきます。

この記事を見て、他プレイヤーとのガーデニングに差をつけていきましょう。

 

【行き方】ガーデンエリアはどこにある?

 

ガーデンエリアはキャンプ場の左側あります。

 

初めはしずえさんが入口付近にいるので話しかけてみましょう。

 

ガーデンエリア入ったら、ハニワくんがいて自動的に話しかけられます。

 

ガーデンエリアに関しては基本ハニワくんに話しかければ大丈夫です。

ガーデンエリアで出来ること

 

ガーデンエリアのチュートリアルプレイでは花が咲くための元となる種をまく作業をします。

 

通常、数時間か経てば花が咲きますが、肥料を使うことにより時間を削減することが出来ます。

 

花が出来たら収穫していきましょう。

 

その後は、花の交配を行います。

 

交配は花壇にある花と手持ちにある花があれば交配が出来ます。(手持ちにある花は無くなる)

 

交配によって得られるのはタネで、それを使ってまた花壇にまくことも可能です。

 

※交配は低確率で失敗することもあり、失敗した場合はタネを貰うことが出来ません。

 

 

次は花とアイテムの交換です。

 

ハニワくんに話しかけるとアイテム交換というボタンがあるのでタップすると、家具など交換できます。

 

チュートリアルが終わると、ハニワくんからタネや肥料のプレゼントが貰えます。

一連の手順をまとめるとこんな感じです。

1. タネをまく

2. 花になるまで待つ(肥料を使って時短ができる)

3 .花を収穫する

4 .花の交配をする

5 .花をアイテムと交換する

 

フレンドのガーデンエリアの行き方やメリットについて

 

フレンドのガーデンの行き方は、フレンド一覧→遊びに行く→ガーデンを選べばフレンドのガーデンに行けます。

 

フレンドの庭に水をあげればお礼として自分が「ともだちのもと」を貰えます。

後は、フレンドのガーデンでも交配ができ、めずらしい花を育てているガーデンで交配するとよいみたいです。

また、フレンドのガーデンで交配した場合はフレンドが「ともだちのもと」を貰えます。

その為、フレンドのガーデンにどんどん行った方が良いでしょう。

 

 

ガーデンエリアについて

 

タネが無くなった場合は、ハニワくんに話しかけて「タネ購入」からベルを使って購入することが出来ます。

 

自分のガーデンエリアの水やりについては、地面が乾燥している時(1時間ごと)に水をあげることができます。

 

乾燥したまま放っておくと枯れるという表記がポケ森の初心者マニュアルのほうに書いてありましたが、3時間の花であれば枯れることがないようです。

 

実際に試しましたが、確かに枯れずに花を咲くことが出来ました。

 

レアな花の場合や枯れる時は何時間経てばなるのか?については現在調査中です。

 

枯れた場合は水やりで復活します。

 

つぼみが枯れた時は通常出来る花などの時間経過がストップするようです。

 

フレンドのガーデンでも交配が出来るので、めずらしい花とかが置いてあれば、ガーデンの価値が高くなり人が集まったりするので、珍しい花を目指して交配していきましょう。

 

注意しておくこと

現在調査中でありますが、3点まとめます。

1.リーフチケットを使って時短については、無課金の方にオススメできないです。

2.枯れないために水やりは適度にやっておいたほうがいいと思います。

3.フレンドに水をあげる時は1つで十分です。逆に全部水やりすると、他のフレンドが来た時に水やりするところがなくなります。

 

めずらしい花のタネの取り方は、花と花の交配によって取ることができます。

 

めずらしい花を交配に使うかどうかは現在調査中です。

 

最終的な目標について

 

最終的な目標については以下のことがオススメです。

1.花とアイテムを交換して家具を入手。

2.自分だけのオリジナル花壇作成。

そのためには、花をいっぱい収穫したり、交配をしてめずらしい花のタネを獲得していくことです。

 

上記のことは余裕が出来たときにやったほうが良いと思います。

以上、ポケ森 新機能 ガーデンエリアについてでした。