ポケ森 チュートリアル後の攻略へその1

平成29年11月21日にリリースされたスマホ版どうぶつの森、ポケットキャンプ(どう森、ポケ森)を皆様ダウンロードしましたでしょうか?

 

サーバーダウンがありましたが、もともとのどうぶつの森の個性はそのままで楽しめるものとなっております。

 

そこで今回、どうぶつ森のポケットキャンプチュートリアルが終わった後の説明をしたいと思います。

ポケ森の目標・ゴールは?

 

ポケ森のチュートリアルが終わってしばらくすると、ある疑問を考えてしまうことがあるかもしれません。

 

ポケ森の目的は?」「ポケ森で何をやればいいの?」と感じる方も多いかもしれません。

 

どうぶつの森とはゲームクリアといった明確な目的はなく、のんびりとキャンプ場での生活を楽しみながら、プレイヤーの自由なスタイルで遊ぶゲームになっています。

 

どうぶつの森で定番となっている遊び方を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プレイスタイルを変えたり、今までやらなかったことを始めたり意識したりするだけで、新しいことが起こったり発見できるのが、どうぶつの森の楽しさでもあります。

 

 

キャンプ場

キャンプ場は、招待したどうぶつが生活してくれたり、他のプレイヤーに見てもらえたりすることが出来ます。

 

また、どうぶつ達が楽しんでくれることや、他のプレイヤーが見てくれたときに楽しんでくれるように、何をするべきかを意識して模様替えに取り組むと、より充実します。

 

 

~シリーズ家具で統一して模様替えをする~

作れる家具の種類が多いので、どの家具を作ってどんな感じでキャンプ場の模様替えをしようか迷うことがあると思います。

 

そんな時は、家具のシリーズを統一して模様替えをしてみましょう。

 

一部の家具は、テーブルやイスやベッドなどのデザインが揃っていているシリーズ家具があり、同じシリーズの家具を全種類揃えてキャンプ場を模様替えすると、キャンプ場の見た目の統一感をお手軽に揃えることができます。

 

シリーズ家具には10種類以上のシリーズがあるので、自分好みのシリーズ家具を作成して模様替えを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

~テーマを決めて模様替えをする~

キャンプ場をどんなテーマにするか?ということを真剣に考え始めると、どうぶつの森をもっと楽しむことができるようになります。

 

例えば、学校の教室・会社のオフィス・各スポーツ関連・自然素材にこだわる・カラーを統一する・お店みたいにする、などの自分で決めたテーマを意識して模様替えをおこなうとしましょう。

 

すると、次に作りたい家具をどれにしよか?どんな家具があるんだろう?といった感じで、ポケ森にどっぷりハマっていったりします。

 

 

~キャンプ場でどうぶつ達に生活してもらう~

お気に入りのどうぶつをキャンプ場に招待すると、どうぶつがベッドで寝たり、イスに座ってくつろいだり、といった感じでキャンプ場で気ままに生活してくれます。

 

自分が試行錯誤して作ったキャンプ場で楽しそうにしているどうぶつ達と交流していくと、どうぶつ達に対してなんともいえない愛着が芽生えていきます。

 

 

キャンピングカー編

キャンピングカーは自分のキャンプ場以上に、他のプレイヤーに見てもらう機会が多いです。

 

その為、他のプレイヤーに見てもらう!といった意識で取り組むと、キャンピングカー内部の模様替えや外装のカスタマイズに対してモチベーションがアップします

 

~家具のシリーズを統一して模様替えをする~

どんな家具で模様替えするか迷った時は、家具のシリーズを統一してみましょう。

 

一部の家具は、テーブルやイスやベッドなどのデザインが揃っていているシリーズ家具があり、同じシリーズの家具を全種類揃えてキャンピングカーの中を模様替えすると、部屋の統一感を簡単に揃えることができます。

 

シリーズ家具には10種類以上のシリーズがあるので、自分好みのシリーズ家具を作成して模様替えを楽しんでみましょう。

 

~テーマを決めて模様替えをする~

例えば、子供部屋風・リビングルーム風・スポーツジム風・植物園・カラーを統一する・お店みたいにする、などの自分で決めたテーマを意識して模様替えをおこなうと、自分らしい部屋にしやすくなります。

 

どうぶつの森ではビックリするようなテーマで部屋作りをしているプレイヤーも多いので、思いっきり個性的な模様替えをしてみるのもいいと思います。

 

~外装デザインを楽しむ~

キャンピングカーの外装デザインを自分好みのデザインパターンや配色にして、人とは違った雰囲気に仕上げてみましょう。

 

キャンピングカーは他のプレイヤーのキャンプ場に乗り入れますので、外装は必ず見てもらうことができます

 

デザインで目を惹くことができたら、キャンピングカーの中を見てもらえる確率もあがるかもしれませんので、デザインを工夫してみましょう。

 

 

次回に続きます。